これからの暮らし方が大きく変わる

 

人とは、複数人で助け合いながら生活をする生き物です。

 

新型コロナウィルスという目に見えない小さなウィルスによって、私たちの暮らしは大きく変わろううとしています。

今まで全く気にせず当たり前と思って楽しんできた事

しかし、それが突然危険を伴うことだ、と知ったらどうします?

 

未知のものというのは非常に怖いものです。

でも私たちは毎日飛び込んでくる新しい情報によって多くの知識を得、その対策を考える事ができます。

そして今まで当たり前だった事がそうではない、ということを知るのです。

 

果たして、我々はこのウィルスを無事に封じ込めることができるのでしょうか?

いづれにしても、これを機に私たちの暮らしは大きく変わります。

 

まずはマスクを常に着用しなければならない事

 3密を避ける事

 うがい、手洗いは常に行う事など

 

しかし、これらは私たちの行動を制限するだけの事です。

確かに今までとは行動の取り方が変わってはきますが、

もっと根本的に変えなくてはならないことがあるはずです。

 

私たちがウィルスから学んだこと、それは

常日頃から自分自身の免疫力をしっかりと高めておかなければならない、という事ではないでしょうか。

 

我々はウィルス問題が起こらなかったとしても、暮らしを変えていく必要がある、と考えていました。

 

この100年、テクノロジーの進化によって、私たちの生活は大変豊かになりました。

楽しいこと、気持ちの良いこと、便利なことなどなど、多くの欲を満たしていました。

しかし、それによる副作用も沢山出してきたことはお分かりですよね。

地球自体に大きな傷を負わせてきたわけです。

ここ近年は特に大きな問題になりつつありますね。

 

そしてもっと大きな問題として、

私たちの身体そのものも傷つけてきているのはお分かりですか?

便利になればなるほど現れる沢山の外的ストレスによって身体は内部から炎症を起こしています。

それは色々な形でメッセージを発信しています。

気が付いていますか?

 

手軽に欲を満たせることが目の前にあると気がつかないものです。

今良ければ、先の事は考えにくいものです。全てが上手く行っていくと思ってしまいます。

しかし、そんなことはなかったのです。

環境や身体に与えた深い傷は、このままにしておいて良いわけがありません。

一刻も早く改善していかなければ手遅れです。

起こった問題を治療するのではもう遅いのです。

根本的な暮らしの改善が必要です。

 

今からで間に合うでしょうか。

 

やっと考えていただけるときがきたようです。

直ちに暮らしを大きく変えましょう!

 

 

 

  おしゃれなものや便利なものには必ず裏側に犠牲をともないます。

弱いところに必ず犠牲は集まるものです。

 

テクノロジーの恩恵をたっぷりと受け大いなる発展をしてきた反面、その犠牲となってきたものを良く知っておいてください。

地球上に共に暮らす一員として犠牲をそのままにしておくということは、

必ず自分達にもその影響が降りかかってくるという事を深く認識しなければならないのです。

 

リサイクル(再利用)することは色々な方面で多く取り上げられるようになってきましたが、それは根本解決にはなりません。

破壊された環境や我々の健康を修復することは多くの犠牲と相当なエネルギーを要します。

元から破壊が起こらないような日常を作ることが最も必要なことなのです。

 

一部の人々の欲求を満たすことにより、多くの人々とその取り巻く環境全てを犠牲にするような暮らしを大きく見直す事です。

 

 下の写真をご覧ください。

煌びやかなファッションショーを行ったり、豪華なクルーザーでツアー、お洒落なリビングや最新の車のその裏では、

それらを支える生産者の健康破壊や環境破壊、ゴミ問題などは今では誰でもが知ることになったことで海洋汚染にまで広がっています。

 

これらの問題は起こった事を解決していくということではありません。

起こらない事を前提としなければならないのです。

 

今回新型コロナの影響によって、私たちはどのような行動を取ろうとするのか欲の本音が見えたような気がします

また、日頃の生活によって作られてきた身体がこのような時にどう影響を受けるのかわかりましたね。

 

暮らし方によって健康は大きく左右されます。

そう思った方は多いのではないでしょうか。

 

 

さて、これから私たちはどのような暮らしを送れば良いのでしょう?

世の中では最近良く安心・安全という事が増えましたが、果たしてどのようなことを言っているのでしょうか?

心からの安心・安全、と思えることとはどのようなことでしょうか?

お金を沢山持つことが安心で安全な事なのでしょうか?

沢山の”物”を買い占めておくという事が安心で安全な事なのでしょうか?

 

”奇跡の星”と言われるこの地球で、

多くの生命達と共に、家族や恋人と共に、いつまでも幸せに楽しく暮らしていくための安心・安全が必要なのです。

新型コロナウィルスのような外敵がこれからもまだまだやってくることは十分ありえます。

先に述べたように後から解決策を考えていたのではいけないということ。

暮らし方そのものが安心・安全でなければならないのです。

そしてお母さんのお腹の中にいる時から、この世に生まれて、幼少時代から青年時代、中年から老年まで

ずっと健康で幸せに居られることを一番の安心・安全な事だと考えます。

 

誰もがある程度年を取ると思うこと、

私たちの人生にとって一番大事なことは、『神に召されて天国に旅立つその日までずっと健康でいられること』だと。

自由に動くことも話す事もできなくなって、挙句には自分が誰だかもわからなくなって、

寝たきりで毎日病院の天井だけを見て、好きなものも食べられなくなって

ただ息をしているだけの毎日なんてことは、誰も望まないはずです。

健康な時は、自分が病気になって動けなくなることの不憫さなど思いもつかないことでしょう。

そうなって初めて現実を知るのですから。

 

 

一生を健康に過ごすには、暮らしの基礎となる 衣・食・住 のあり方をしっかりと理解することです。

そして質を高く質素である事です。

質素というと、素朴で飾り気が無く、贅沢をしない 粗末で貧乏な印象があるかもしれませんが、それは昔のこと。

情報と物に溢れ、何でもすぐに手に入れることのできる現代では全く逆なのです。

 何でも手に入ってしまう時代だからこそ物の質を見極め、自分の欲をコントロールできる力が重要なのです。

沢山の物の中から自分たちの身体や暮らしに適した必要な良いものを選んで行かなければ自分の身体は守れないということなのです。

そして常に満足感を達成してはいけません。

よく腹八分目と言いますが、満腹感を常に感じるということは老化を促します。

空腹感を感じているときは成長ホルモンが活発になるのです。

最近では八分どころか腹七分と言われるようになってきたようです。

 

だいたいお分かりいただけましたか。

 

日頃から健康や環境に対しての意識を強く持ち、正しい暮らしを創造していくということが大事なことです。

 毎日を健康でいて、美味しく食事が出来、ゆっくりと身体を休めることができる。

 100年とは言わなくても80歳でも90歳でも人生の最後のその日まで素敵な暮らしを送れる事。

 それは生まれたその日から始まります。

 あなたの身体は衣・食・住によって出来上がっていくのです。

 毎日着ているもの、食べたり飲んだりしているもの、そして毎日過ごす部屋

 これらの質を良くする事。

 

 

私たち人間にとって一番の安心・安全で幸せなこととは、この様なことではないでしょうか。

 

 

我々が作り出す100年後の地球には、質の高い質素な衣・食・住を完成させた子孫たちが幸せに暮らしていることを望みたいものです。

 

 

Balance は、これからの持続可能な安心・安全な暮らしを提案します。

 

それは、今までの「当たり前」という意識を変えていくことから始まります。

 

 

大宇宙の中の奇跡の星”地球”と共存・共栄するという事

大自然と共存・共栄するための大事な4つの”事”とは

1-植物や自然物の恩恵を得る

2-Botanical な 衣・食・住 を


健康で安心・安全な生活というのは『植物をはじめとする自然物ともっと共生する生活』ということなのです。

人間が地球上に生まれたその時から、植物は私たちにとってかけがえの無い大切な友達です。 これからの100年の暮らしを素晴らしいものにしていくには、今までの『当たり前』であった『事』が本当にそれで良いのか?『当たり前』とは言えない『事』が沢山あるはのではないか。

100年『当たり前』と言い続けることのできる『当たり前』をしっかり考えてください。

Balanceは、その答えの一つとなるでしょう。

 

健康で安心・安全な『当たり前』な暮らしは、質の良い衣・食・住によって作られます。植物や自然物と共存・共栄する暮らしは、その恩恵を受け私たちの身体には最も良い事なのです。

そんな植物の恩恵を日常で感じていくことによって、免疫力が上がり身体にも心にも安らぎを与えてくれる本来の健康とはこのような事。

視覚と情報で満足してはいけません。五感をフルに使った衣・食・住は私たちの失った『感』を取り戻します。

Balanceは、そんな日常を自然と共存する衣・食・住を提供します


3-霽れと褻という世界観の重要性

日常とは昼間は働いて、夕方家に帰って家族と過ごす、夜はゆっくりと身体を休めて、また翌日は仕事に行く、事繰り返しが日常です。

平凡んな毎日、とは言いますが、暮らしの基礎となり自然との共存という一番重要なことを行なっている”褻”のことを言うのです。近年この褻の日のあり方が崩れてしまっているのです。

霽れと褻と穢れ、と言う日本人特有の世界観が日本人を作り上げてきたのですが、この100年、特に戦後70年の高度成長による豊かな暮らしによって霽れと褻の境がなくなってしまったのです。

4-私たちの暮らしは地球の生態系の中の一つ

”物”とは”事”から生まれる。

事とは自然の摂理の中で作り出されるものでなければならない。

しかし、いつしか豊かになり欲を満たすことが優先され、自然の摂理を無視して経済が優先されるようになってしまった。

私たちが日常必要とする物は、自然の中で生まれ自然と共に作られ、そして使われ、使い終わった時にまた同じような手順を踏んで自然に帰って行くものでなければならない。そうすることによって初めて地球上に暮らすことを許されるのです。


オーガニックを考える

 

有機栽培・有機農業など、化学農薬や化学肥料を使わない、保存料や着色料などの添加物を使わない、

 化学染料や化学塗料も使わない、などを一般的には言います。

 オーガニックなものは身体に良いね、と思っている人は大勢いることでしょうね。

 

しかし、

 

今となっては本当のオーガニックなものなんて、そう簡単に作れなくなってしまった様に思います。

 経済のために物が作られ、お金のために物の質が変えられる世の中です

 この社会システムから抜けださない限り本当のオーガニックにはたどり着けないのではないでしょうか。

 

 

 世の中は経済によって全て回されています。

私たちは

化学農薬や化学肥料などをふんだんに使って作られた米や野菜を毎日食べ、

牛や豚、鶏などの家畜、魚などの養殖はホルモン剤や抗生物質たっぷりの化学飼料で育てられたものを毎日食べ、

300種類もの認可された添加物を使った惣菜や菓子を毎日食べ、

(アメリカは180種、ヨーロッパは100以下だそうです)

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維にファッションカラーを化学染料で染めた静電気たっぷりの洋服を毎日着、

化学塗料や新建材で出来上がった建物の中で毎日寝起きをし、呼吸をしています。

 

果たしてこれを健康的と言えるのでしょうか?

 

ある時期からアレルギーや喘息、アトピーになる人が増え始め、知らない間に二人に一人が癌になる世の中!

肥満や糖尿病などの生活習慣病は激増しているわけです。

なぜでしょう? これでいいのでしょうか?

 

何が問題かはこれ以上お話をしなくてもご理解いただけるのではないでしょうか。

 

オーガニックは素晴らしい! オーガニックがいいに決まってる!

と思っている人たちは多くいらっしゃいますし、オーガニックのものしか購入しない、なんて方も結構いらっしゃるのでは。

野菜でも家畜でも生産者さんの顔写真入りで、私たちが心を込めて生産しました、とか。すごくいいことです。安心しますね。

生産過程の可視化をトレサビリティー (Traceability) と言います。

着るものでもオーガニックコットンやオーガニックリネンはかなり出回ってきています。

ある意味、世の中オーガニックはブームになっています。

悪いことではありませんがブームではダメなのです。ブームとはスタイルです。ファッションです。ただの流行りということです。

本質を捉えなければ何の意味もないのです。

皆さんは何を持ってそのものをオーガニックと認識しているのでしょうか?

 

地球上の全人口はもうすぐ80億人に達する見込みのようです。日本は人口減ってますが諸外国は増える一方です。

地球の危機問題の中で食糧危機は最初に挙げられる重大な問題ですし80億人全員が毎日満足な食事を取れてる訳ではありません。

9人に1人が満足な食事も着るものも手に取れないのが現状ですし、これからはもっともっと不足していくことは目に見えています。

オーガニックはゆっくりとした時間と広い大地が必要です。それでは全人口が十分な生活を送ることはできないということは明らかです。

人口を減らすか、物資を大量生産する事しかありません。

遺伝子組み換えとかゲノム編集とか、聞いたことがあると思います。

大豆やトウモロコシなどたくさんの農作物や魚や牛、豚、鶏などの養殖に応用されだしている技術ですが、

まだ未確認のことが多く残されているため、完全な実用化にはいたっていない様です。

この技術を利用すると通常の自然農法などの何倍、何十倍も生産性を上げることができる技術で、

これによって多くの人々に物資が行き渡ると言った考えです。

 良く聞くことで化学添加物でも同じこと。本物が手に入りにくくなり、高価になってしまうので代わりに添加物を使う。

同じような味、同じような色を再現して安く大量に生産ができる、よって多くに人々に行き渡るのです。

良く、何々風と言ったものがありますがまさしくそれです。

確かに素晴らしい方法だと思いますよね。

しかし、先に述べましたが、現実には多くの健康上の問題や環境上の問題が起こっていると言った現実がある訳です。

これは何が原因でこうなった、とは言い切れない、実際には長い年月を経てみないとわからない事ではあります。

直ちに問題は無い、と言うことの裏には、続けていればいつかは問題になる、ということです。

それは子供の頃から取り続けていたものが歳をとってから色々なものに影響が出る、と言うことではないでしょうか。

もしくは母親が撮り続けてその子供に影響が出ることも良く聞きます。

私たちの生活は殆どがその様なもので構成されている、と言っても過言ではないでしょう。

 

私たちの身体は、食べたもので作られていきます。

 

そして私たちの身体は、良いもの、悪いもの全てのものを経皮吸収するのです。

 

しかしそう言って、身の回りのものを徹底してオーガニックにしようと思っても大変なお金のかかることですし、

毎日の食費が何倍にもなってしまうし、ほぼ不可能と考えても良いでしょう。

化学的なものを全て排除してオーガニックな暮らしを目指そうと思っても全くの供給不足で人々に行き渡らせることはできないでしょうね。

 

最近ではサスティナブルなんて言葉が良く使われるようになりました。

 

持続可能な発展という意味ですが、発展する方向を間違わなければ未来は大きく変わってくるでしょう。

 

いままで通り経済発展のためのテクノロジーに頼ったまま欲しいものだけを欲する暮らしであっても、

 

人里離れて自給自足のオーガニックな生活に徹しようとしても、どちらも継続することは難しいということになるのです。

 

あなたならどうしますか?

世の中のより多くの人々が、本当に安心して幸せを感じることのできる暮らしの実現。

 

この地球上でそんな日常の暮らしが出来ることを ”Balance” は考えています。

 

地球と私たちとの通訳となるのは植物達

地球という環境の中で生物として暮らすには、植物の力が絶対的に必要なのです。

食事で肉や魚などのタンパク質は重要な栄養ですが、野菜をたくさん取らないと私たちの身体は正常に機能しなくなります。

生活環境でも同じです。

植物がたくさんあることによって、空気が浄化され外敵から守ってくれたり精神をリラックスさせてくれたりするのです。

なくてはならない掛け替えのない友達なのです。

 

そんな植物たちの力によって、衣・食・住の質を良いものにするのです。

非常にわかりやすいことなのです。

 

安心・安全に暮らしていく事

それは

植物の恩恵を受ける事なのです。

植物の恩恵

 

 Herbal Medicine Herbs  [Adaptogen]

薬用ハーブは、私たちの免疫力を高め疲れた身体を癒してくれる特殊な力を持っているのです

Forest  [Phytoncide]

樹木が発散する化学物質には、健康で癒しや安らぎを与える効果がある

Compounds contained in plants [Phytochemical]

植物中に存在する化合物で、紫外線や昆虫などから自分を守るための色や香りで、健康維持に重要な成分である

皆さんに是非知ってもらいたい事

 

植物や自然物が私たちの暮らしにとってどれほど重要な存在なのかわかっていただけましたか?

 

植物は私たちの大切な友達です

 

植物の恩恵を受けるという事が、本当の安心で安全な暮らしとなると言う事だと私たちは考えています

 

私たちの考えに対して賛否両論あるかと思いますが、

 

こういったことを一人でも多くの方々に知っていただき

 

少しでも意識していただくことが大事だと思っています。

 

是非皆さんのご意見もお聞かせください。

 

どの様なことでも構いません。

 

Contact us より受付いたします。

 

お気軽にどうぞ。

 

お待ちしております。